水素水の容器はアルミボトルがいいのか |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

水素水の容器はアルミボトルがいいのか


体内もお肌も老化させてしまう恐ろしい活性酸素ですが、対策法がないわけではありません。近年ブームになっている水素水は、身体に害を与える活性酸素だけを攻撃することがわかってきました。飲んだり入浴するだけで簡単にできるのは良いことなのですが、水素は小さいので大気中に逃げてしまうという性質があります。
水素のこのような性質は変わらないので、少しでも水に充填した水素が逃げないように容器面で工夫をすることが求められます。水素水の保存容器に使用されているのはペットボトルとアルミパウチ、そしてアルミボトルの三タイプです。そのうち最も水素水が逃げてしまいやすいのが、日光の影響も受けやすいペットボトルと言われています。アルミパウチは効果ですが、水素を半年くらいは逃さないという優れた保存性を持っています。
アルミボトルは両者の中間と言えるでしょう。ペットボトルの場合よりも長期間水素を保存できますが、アルミの味が水素水に移りやすいというデメリットがあります。とは言っても、水の味を損なって飲みづらくなるというほどではなく、魔法瓶に入れた水やお茶などを思い出すと分かりやすいと思います。そして遮光性が高いので携帯するのに適しているという点もポイントです。ジムなどで水素水のサーバーがある場合はアルミボトルに入れておけば、日光の影響を受けて水素が逃げるというリスクがなくなります。家に水素水サーバーを置いて作った水素水を外で飲む場合にもいいですね。

水素水サーバーの比較サイト