水素水の容器はアルミパウチが優れている |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

水素水の容器はアルミパウチが優れている


水素水の中に充填されている水素は放っておくとどんどん逃げて行ってしまいます。そのためすぐに飲めない場合は水素を閉じ込める機能に優れている保存容器の中に保管しておかないといけないのです。保存容器はペットボトルとアルミパウチ、アルミボトルがありますが、いずれの場合も水素を生成することができるものではない限り水素はどんどん抜けていくことは知っておく必要がありますね。
三タイプの容器のうち、一番水素を閉じ込めていられるのがアルミパウチです。ペットボトルだと27時間経過するともうただの水になっていますが、アルミパウチの場合は約半年は水素を保存できます。その分高価ではありますが、すぐに飲み切ることができない場合の保管には最適です。
自宅で水素水スティックを入れたり、レンタルサーバーを使って水素水を作る場合は一日は水素を閉じ込めていられるペットボトルで充分ですし、スポーツジムのサーバーから水素水を補充する場合は遮光性があって保存もできるアルミボトルで問題はありません。でも、家族で飲むために大量に市販されている水素水を購入して長期間保存しておきたい場合はアルミパウチに入っているタイプが最適です。ペットボトルだと水素を充填してから購入して手元に届くまでに水素がほとんど抜けきっている恐れがありますが、アルミパウチなら水素を充てんした時と近い量の水素が入っています。これならせっかくの水素を無駄になりませんね。

水素水サーバーの比較サイト