水素水でアルカリ性の体質に変えていこう |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

水素水でアルカリ性の体質に変えていこう


水素水は酸性に傾いた体質をアルカリ性に変えるために役立ち、病気予防・健康維持に幅広く活用されています。
副作用はないので過剰に飲みすぎなければ身体にデメリットはなく、1日200~1000mlの範囲で飲むとよいでしょう。
沸騰させると水素が抜けてしまうので、そのまま飲用するのがコツです。
冷水を避けたい方は室内にそのまま保管して冷たすぎない状態にして飲むとよいでしょう。
水素水サーバーの温水機能を使えば、80~90度程度の温水を飲むことができます。
水素水はそのまま飲んでも代謝促進に役立ちますが、温水として飲めば身体を温めることもできます。
普通の温水よりも効率的に身体を温めることができるので、冷えが気になる方におすすめです。

アルカリ性体質に変えることができれば、病気を防ぐことができます。
昔から食生活が乱れていると酸性体質になりやすく、生活習慣病のリスクを高めることがわかっていました。
生活習慣病のリスクは人によって異なり、例えば同じ生活習慣を続けていても糖尿病になる人とならない人がいます。
アルカリ性体質を維持すれば生活習慣病を遠ざけることができるので、若いころから水素水を飲んで体調を整えておきましょう。
水素水はこまめに飲むことで体内の活性酸素除去力を高く維持することができるので、1回200mlを目安に飲むとよいです。
1日1000mlの飲用をするなら、200mlずつ5回に分けて飲むようにすると効果的です。

水素水サーバーの比較サイト