水素水がうつ病にもたらす効果について |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

水素水がうつ病にもたらす効果について


近年、増加傾向にある病気の一つとして、うつ病が挙げられます。うつ病とは、日常で受ける様々なストレスにより憂鬱な気分になったり落ち込んだりする病気です。人は誰しも憂鬱な気分になったり落ち込んだりしますが、時間が経過するにつれ克服することが出来ます。しかし、うつ状態に陥ると、時間が経過してもずっと落ち込んだ状態が継続し、何もやる気が起こらなくなってしまうのです。
やる気が起こらない以外にも、不眠や食欲不振といった症状を引き起こします。
うつ状態が発症するメカニズムは、セロトニンと呼ばれるホルモンが減少し、脳内の活性酸素によってセロトニンを作り出す細胞が発達しにくくなることで、憂鬱な気分が継続するというものです。セロトニンとは、別名「幸せホルモン」と呼ばれるもので、不安定な気分を抑えてくれる精神安定ホルモンなのです。
ではうつ病を克服するにあたり効果的な方法は無いのかと申しますと、近年、水素水の効能が注目されています。水素水が注目されている理由としては、水素水の水素が細胞膜を透過し、身体のすみずみまで行き届くことにあります。さらに、行き届いた先にある活性酸素を無害な水にして排出する効果もあるのです。つまり、脳内まで水素が到達し、その中にある活性酸素を無害化して水として排出することで、セロトニンの減少を食い止めると共に、セロトニンを再び増加させる作用があるのです。これらの効能から、近年では心療内科でも水素水が注目されるようになりました。

水素水サーバーの比較サイト