化学式でわかる水素水の仕組み |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

化学式でわかる水素水の仕組み


水素水の仕組みは、化学式をみれば理解できます。
水素(H)と活性酸素(O2)が体内で直接結合すると、水(H2O)に変わります。化学式では、H+O2→H2Oと記します。矢印の左側と右側では、HとOの数が同じになるようにします。
活性酸素は腸で多く生成されるので、水分の大部分を吸収する腸に水素水を届けることで効率よく体内の活性酸素を除去していくことができます。
活性酸素は人が呼吸で取り込んだ酸素の一部が変化して活性化したものです。活性酸素自体は悪いものではなく、体内に侵入してきたウイルスや細菌と戦う役割があります。
問題なのは、活性酸素が増えすぎてしまった場合です。こうなると良い細胞まで攻撃してしまい、細胞を酸化させてしまいます。これががん細胞などの異常細胞を生じさせたり、認知症を発生させる原因にもなると考えられています。細胞が酸化するということは、肌細胞も酸化してダメージを受けるということですから、肌のたるみやシワなどの老化の原因にもなります。
水素以外にも抗酸化作用を持つ成分はポリフェノールなどが注目されていますが、水素水が特に注目されているのは、水素が地球上で最も小さな物質だからです。他の抗酸化成分が入り込めないところまで届くので、全身の隅々の細胞に成分が広がり、抗酸化作用を発揮してくれます。
体に害を与えてしまう活性化した活性酸素(O2)を、水素(H)の力で無害な水(H2O)に変えてくれるということです。

水素水サーバーの比較サイト