高濃度の水素水サーバーならアキュエラブルー |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

高濃度の水素水サーバーならアキュエラブルー


安心の国産水素水サーバー、アキュエラブルー。1気圧の条件の下、人体の生体水と同じ中性かつ1.6ppmという高濃度を実現した水素水サーバーです。実際に私たちが生活している空間は1気圧ですから、この場合水素が液体に存在できる量は1.6ppmが限界です。電気分解式で水素を発生させるサーバーでは、従来水素濃度を上げるために電流も上げなくてはなりませんでした。しかし、結果として出来るのは強アルカリの水で、とても飲むことができなくなってしまうのです。この問題を独自の特許技術で解決したのが、アキュエラブルーなのです。
アキュエラブルーはとてもコンパクトなのでどこでも設置できる上、使い方も簡単です。本体上部の蓋を開けて浄水を入れ、飽和水素ボタンか、水素水生成ボタンを押し、内部に水が残らないよう電子音が鳴るまで排出させます。飽和量1.6ppmにするには5分かかりますが、1.0ppmの水素水ならボタンを押すとすぐに出てきます。水道水をそのまま使うことはできませんが、浄水器を通した水や市販のミネラルウォーターを使って水素水を生成することが出来ます。しかもミネラルウォーターのミネラル分は変化することなく、そのまま残ります。
水素というのは地球上で最も小さい分子ですから、どんなに高性能なパックやボトルでも時間が経てば徐々に水素が抜けていくのは仕方のないことです。そしてまた1度体内に入った水素もしばらくすると体から抜けていきます。だからこそ、水素水は出来立てをこまめに飲むのが一番です。

水素水サーバーの比較サイト