サーバーより高濃度のクリスタル水素水 |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

サーバーより高濃度のクリスタル水素水


クリスタル水素水は、サーバーよりも高い水素含有量を維持することが可能なアルミ4層パック方式を採用しています。これにより水素をしっかり閉じ込めて、0.8?1.2ppmという業界でもトップレベルの水素濃度を維持しています。
500mlのたっぷりサイズで、たくさん飲みたい人に向いています。特殊なアルミ容器で、さらに飲み口部分にも工夫が施されているので水素が逃げにくいです。
水の粒子を細かくすることで飲みやすくマイルドな味に仕上げられています。
クリスタル水素水はリピーターが多い商品で、一時期は生産が追いつかなくなるほど人気でした。
ちなみに、パウチ、アルミ缶、ペットボトルの3つを比較すると、ペットボトルの水素濃度の平均が0.02ppm、アルミ缶が0.56ppmなのに対して、パウチタイプは0.88ppmと高くなっています。
水素の抜けづらさを重視するならば、クリスタル水素水のような飲み口の小さいアルミパウチ型が水素水を飲むときには適しています。
水素水が本当に体に良い影響を与えるかどうかは、水素の濃度が関わっています。ペットボトルではほとんど水素が抜けてしまうため、消費者の手元に来たときにはほとんどただの水と変わりません。
それに対して、アルミパウチタイプだと密閉性が高くて高濃度を保つ工夫がなされているので、一定の効果が期待できるでしょう。
クリスタル水素水はスポーツ時など汗をかくときの飲み物としても適しています。

水素水サーバーの比較サイト