ナノバブルの水素水生成器のサーバーとは |水素水サーバー情報まとめ

水素水の基礎知識
水素水サーバー紹介
お役立ちコラム集

ナノバブルの水素水生成器のサーバーとは


ナノバブル水素水生成器で生成した水素水には、ヒドロラジカルという活性酸素の一種を抑制する働きがあります。ガラスボトルに水を入れてボタンを押すだけで、約20分でナノバブル水素水が生成されます。
サーバーとは違い、水素水を発生させるポットタイプの機械で、取り付け工事などは不要です。
コーヒーメーカーほどのサイズでコンパクトにできているので、キッチンや食卓に置いて使うことができます。
水素の発生のために電極板にマグネシウムを使っています。これで水を分解して水素を発生させているというわけです。
電気分解方式のサーバーは多いですが、このほとんどが直流電流です。これに対して、ナノバブル水素水生成器は交流電解方式を採用しているのが特徴です。
1秒間に3万回の速さで水を電気分解して、低周波で水を攪拌させて水素を発生させています。交流電解方式をだと分解の際に生じた不安定な水素原子にマグネシウム合板から溶け出したミネラルが結合して、安定した水素になります。
そのため、還元力のある高純度水素水を作り出すことができます。
72時間も水素が抜けずに持続していることで、その間ずっと水の中のヒドロラジカルを抑制し続けてくれるということです。
ただし、水素濃度が0.5ppmと、かなり低いです。この低さだと飲んだから効果があったのかどうかがはっきりしないレベルです。
手軽に水素水を飲んでいるという気分になりたい人なら、向いているでしょう。

水素水サーバーの比較サイト